b型肝炎の状態を知るのに欠かせないalt値

b型肝炎に感染しているかどうかを確認するとき、肝炎ウイルス検査とともに行われるのが肝機能検査です。さまざまな検査項目がありますが、肝細胞がどれぐらい傷ついているのかを示してくれるのが、alt・ast、総ビリルビンなどになります。

ここでは、altを中心に検査結果の見方や改善方法などについて詳しく紹介しています。

何をチェックすればいいのか

人間ドックや健康診断などの検査結果には、何やら難しいことが書かれていて、漢字やひらがな、アルファベットが並んでいることがほとんどです。こういう文字を見るだけでイヤになる人も多いのですが、各々の検査結果がどんな意味を持っていて、どれぐらい悪いのかというのは、医師が要点をまとめて説明してくれたり、診断結果のチェックシートなどにわかりやすく書いてありますが、一つ一つの項目を丁寧に直接説明していくのはなかなか難しいものです。

そのため、基礎知識を自分で身につけておくことも大事になります。詳細:b型肝炎訴訟:アディーレ法律事務所

肝臓が今どのような状態にあるのかをチェックするには、alt・ast、総ビリルビンやγ-gtp、alpなどの項目に注目します。また、肝炎に関する項目では、HBs抗原に注目です。alt・astは、この中でも肝機能検査において、基本中の基本ともいえる項目です。

人間ドックでなくても、職場の健康診断などでも測定されます。

肝機能検査に欠かせない項目

alt・astは、全身の臓器を形作る細胞の中に存在する酵素で、どちらも健康な人であれば細胞の中で仕事をしています。しかし、臓器などに炎症が起きた時には、細胞が破壊されてしまうので血中に流れ出してしまいます。

このように流れ出したalt・astのことを逸脱酵素といいますが、その量を測定し、肝臓の機能を確認するのです。altはそのほとんどが肝臓の細胞の中に存在しています。altの正常値は40以下です。しかし、個人差もあるため、実際には30以下が平均的に見て正常値ではないかといわれています。

一方でastも肝臓の細胞に多く含まれていますが、筋肉や腸、心臓などの細胞にも含まれていますので、筋細胞の破壊によって、血中に流れ出してしまうこともあります。そのため、この2つはセットで見て判断することがほとんどです。

2つのバランスが大事になる

alt・astの数値のバランスにより、肝臓がどのような状態にあるのかを知ることができます。altよりもastのほうが数値が高く、どちらも正常値を超えているようなら急性肝炎の疑いがあります。この時、altの数値が500以上と異常値を持続する場合には劇症肝炎に移行する可能性が高いので要注意です。

また、altの値のほうが高く上下動を繰り返し、astの値が100から500を示している場合は、慢性肝炎の可能性が高くなります。ast・altの比率が1以下の場合、慢性肝炎になりやすいです。これらの数値から肝臓の破壊がどれぐらい進んできているのか、肝炎ウイルスがどれぐらい活発に動いているのかもわかります。

この結果と合わせて、肝炎ウイルスマーカー検査によりHBs抗原が陽性となった場合には、b型肝炎に感染していることが判断できます。そして、慢性のb型肝炎の場合は、免疫寛容期にalt値が正常からわずかに上昇し、免疫排除期には、alt値が持続的に上昇するのが一般的です。

alt値が正常な場合は、非活動性キャリア、その後、上昇し、しばしば変動が起こる場合には、再活性期に入ったということになります。再活性期から正常値に戻れば回復期に移行します。

数値改善のための治療

慢性のb型肝炎の治療には、インターフェロン療法と核酸アナログ製剤による方法があります。インターフェロン療法は、主にHBe抗原が陽性、つまりb型肝炎ウイルスが増殖していることが示されたときやDNAポリメラーゼが陽性を示し、慢性のb型肝炎で活動性のウイルス血症の改善のために使用します。

特に、altの値が高いときに使用すると効果的です。また、抗ウイルス薬である核酸アナログ製剤はb型肝炎ウイルスの増殖を抑えてくれる薬です。肝機能と肝細胞の改善のために用いられていて、肝機能としてのaltの値の改善は、9割にも及びます。

ただし、投与終了後に完全にb型肝炎ウイルスを排除することができる症例はそう多くありません。altの値に関しては、かなり高い頻度で改善はみられますので、核酸アナログ製剤においては、肝細胞の急激な破壊やb型肝炎の急速な進行、劇症化の抑制が目的です。

そして、どちらの療法も効果が出ない場合や副作用で中断せざるを得ない場合、高齢でインターフェロン療法が難しいという時には、肝庇護療法を取り入れることもあります。これは、慢性のb型肝炎などで肝機能を改善させるために使用する薬です。

ウイルス排除などの作用はないですが、免疫抑制作用や抗炎症作用で上昇したaltの値を下げることができます。強力ネオミノファーゲンシーという肝庇護薬は、主成分であるグリチルリチンが漢方の生薬で、甘草に含まれる成分です。

1日1回40から60mlを静脈注射あるいは点滴で投与するのが一般的です。進展した慢性肝炎でも、肝細胞を破壊を抑えてくれますし、alt・astの数値を低く保っておくことで肝がんの発症リスクを下げることができます。

そのほかのalt値の改善方法

強力ネオミノファーゲンシー以外にもウルソデオキシコール酸という胆のう酸の主成分も効果的です。もともと胆汁の流れを良くして胆石を溶かすもので、血流を良くして肝機能を改善する作用があります。慢性肝炎で、肝機能を改善する働きも認められています。

さらにウルソデオキシコール酸には、肝細胞膜の安定化や免疫調整作用があり、内服することによってalt値を低下させることが可能です。1日に300mgを毎食後にわけて服用しますが、2、3カ月経過してもalt値が低下しない場合には、1日に600mgに増量します。

こうした方法はb型肝炎ウイルスが活動性の状態にある時に行いますが、HBe抗原が陰性になり、alt値が30以下、ウイルス量が2000未満となり、1年間で3回以上の血液検査で、その数値をキープすることができれば非活動性キャリアとなります。

こちらも経過観察が必要ですが、非活動性キャリアであれば、感染力も弱く安心できる範囲です。